ケース別の低金利カードローン

カードローンを選ぶとき、一番気になるのはやはり、金利では無いでしょうか。

金利が少なければ、返済する額が少なくなるわけですから、当然ですね。

しかし、本当に金利が少ないだけでカードローンを選ぶのは本当に良い事でしょうか?

「金利が低いけど、審査が厳しくて融資されなかった。」

という話は、聞いたことがある方も少なくないと思います。

銀行系や信販系といった低金利でも審査が厳しいところは、やはり融資の承認率も低くなるものです。

さらに、カードローンは短期に3件以上審査に落ちると、「申込ブラック」となり、その後いくら申し込んでも審査が通過することはほとんどありません。

「申込ブラック」になってしまった場合、1ヶ月は新規の申込を控えなければ、「申込ブラック」を抜け出すことができません。

1ヶ月も資金が調達できなくなるのはちょっとつらいですし、審査に落ちるのは意外と精神的にくるものです。

そういったこともあり、低金利を重視しつつも、他社借入件数や、雇用体系、主婦や学生といったケース別のおススメのカードローンを紹介していきます。

他社借入がある人の低金利カードローン

低金利のカードローンというのは、金利が低く抑えられているだけに、審査が厳しいことがほとんどです。

逆に、金利が高いカードローンは、返済ができない人が出てきても、返済ができる人の金利が高いので損失をカバーして利益を確保することができるので、審査が厳しくないところが多いです。

つまりカードローン業界は、金利が低いところは他社の借入が少ない人向け。金利が高いところが、他社からの借入が多い人向けという傾向があります。

このページの先頭へ