他社から借入がある人の申し込み方

すでに1件以上お金を借りたことがある人は、カードローン会社の選び方が少し違ってきます。

はじめて借入する人とは少し違う視点で申し込むカードローン会社を選ばないと、審査に落ち続けることになります。

これからその理由を説明して、審査の基準を公開しますので、自分に合ったカードローン会社を選んで確実に審査を通過するための参考にしてください。

(注)他社のカードだけ持っていて借入は無い、または、返済が完了しているがカードは持っているというものは、借入件数に含まれません。もしカードローン会社から聞かれるようなことがあれば、借入は無くカードだけ持っていると正直に答えて下さい。

カードローンも借金のひとつ

世の中には、消費者金融・キャッシングなどいろいろな名前がついているお金を貸してくれるサービスがあります。

それぞれ、微妙な違いはありますけど、お金を借りることには変わりがありません。

金融業界では、カードローンも消費者金融やキャッシングと同じ種類の借金として扱われ、お客さんの情報も共有しているので、あなたがどこからいくら借金があるのかは、カードローン会社はすぐ知ることができます。

カードローン会社は、1件以上借入があれば、貸し出す額をその分低くしたり、これ以上は貸し出すことができないと評価して、審査で落としたりします。

総量規制にも注意

2010年から年収の3分の1を超えて「貸金業者」からお金を借りることができなくなってしまったので、他社から借り入れがある方はここにも注意が必要です。

もし自分の年収の3分の1を超えてしまっていたらいわゆる「貸金業者」からお金を借りることはできません。

総量規制の対象になる人はどうしたらいいの?

実は総量規制にはポイントがあって、「貸金業者」というのはいわゆる消費者金融やクレジット会社のことなのですが「銀行」がここには含まれていません。

銀行自体も総量規制の対象外ということを宣伝したりしているのと、実際に消費者金融などの「貸金業者」から融資を断られた方でも「銀行」で審査を受けたら意外にも借り入れができたという経験をした人もいます。

つまり総量規制を回避する方法として「銀行のカードローン」や「銀行のおまとめローンを使う」というのは後ろめたいことではなく、銀行も分かっていて審査して貸出しています。

さらに「銀行」は総量規制の対象外ということは、大手キャッシング会社など総量規制の対象になる「貸金業者」の借り入れを「銀行」のカードローンやおまとめローンで借り換えて返済すると、「総量規制の対象となる借り入れが減る、もしくは無くす」ことができます。

銀行カードローンやおまとめローンへの借り換えが成功することで、総量規制にかかる貸金業者の枠を復活させることができれば、その分またキャッシングなどを使うことができるということになります。

金利も銀行の方が低いケースが多いので金利負担も軽くなるなど利用するメリットが大きいです。

総量規制の対象になっっている人やなりそうな人は銀行のカードローンやおまとめローンも検討する価値があることが分かってもらえたと思います。

≫当サイトが厳選した銀行のカードローン、おまとめローン

※不動産のローン、自動車ローン、高額医療費の借り入れは総量規制の対象になりません。

他社借入件数の基準

カードローン会社は、総量規制も含めて年収と他社からの借入の金額や件数で審査を通過させるかどうか決めています。

仕事に就いているにも関わらず、他社から借入のある人が審査に落ちるのは、ほぼその基準にひっかかっているからと考えられます。

しかし、総量規制以外の審査基準はそれぞれのカードローン会社ごとに違う上、カードローン会社はその基準を公表していません。

そこで、他社から借入があっても審査に落ちないために、管理人のデータに基づいて、各カードローン会社の審査の基準を公開します。

他社借入のある人の、カードローンの申し込み方

それではこれから、借入の件数の順に借り入れできる可能性がある銀行やカードローン会社、キャッシング会社を紹介していきます。

中小企業の会社員で、月収20~30万円で3年ほどの勤続年数がある人を基準にしています。

大企業の人や公務員の人はそれぞれのデータにさらに1件足すくらいを目安にしてください。

逆に、自営業やアルバイト、パートの人は1件引いたものを目安にしてください。


■他社からの借入の件数が2件以下で借入額が年収の3分の1を超えていない

「銀行カードローン」「大手キャッシング」への申し込みを検討しましょう
≫当サイト管理人が選ぶカードローン


大手有名キャッシング会社はもちろん、銀行や比較的審査が厳しいカードローン会社でも審査を通過する可能性があります。

他社借り入れが2件だと審査に落ちる可能性はゼロとは言えませんが、審査が厳しいかわりに実質年率(※)が低い銀行系カードローンに申し込むというのが正攻法です。

はじめての人や他社1件程度なら審査通過の可能性は高いので、実質年率が低い銀行系カードローンに申し込むというのがオススメ。

※「実質年率」…利息と手数料などを足したもの。利息を低くして手数料を高くするというごまかしが出来ない数値。カードローン会社はそういうごまかしができないように、「利息」ではなく「実質年率」での表示をしなければいけないことになっています。

■他社からの借入の件数3件以下で借入額が年収の3分の1を超えていない

「銀行カードローン」は年収次第。「大手キャッシング」が無難か。
≫当サイト管理人が選ぶカードローン


借り入れの件数が3件で総量規制を超えていなければ、ギリギリで銀行カードローンや大手有名キャッシング会社のカードローンでの審査通過の可能性はあります。

融資に積極的なカードローンなら借入件数が3件ほどあっても融資してくれるところがある様です。

銀行カードローンは微妙になってきますが、年収が高いなどの相性が合えば可能性はありそう。

最近ではキャシング系カードローンだから大丈夫だろうと思い込んで、3件以上借入があるのに気軽に申し込むと、審査に通過しなくて落ち込んだという体験をする人が多くなっているので審査落ちも覚悟する必要があります。

キャッシング系、銀行系を問わず「融資に積極的」なカードローン会社を選ぶというのがポイントです。

またこのあたりからは新しく借り入れるというより負担を軽くすることも重要になるので、実質年率の低い銀行のカードローンやおまとめローンへの借り換えを積極的に考える必要があります。

銀行の中には新規は難しくてもおまとめ目的であれば話を聞いてくれるところもあるので、おまとめローンへの借り換えに興味があれば申し込みしてみましょう。

総量規制についてのところにもありますが、おまとめローンやカードローンで銀行への借り換えに成功すれば完済できたキャッシング系の借り入れ枠の復活もできます。審査に不安がある人でも審査次第なので、銀行カードローンやおまとめローンにに申し込んでみても良いでしょう。

■他社からの借入の件数が4件以下で借入額が年収の3分の1を超えていない

「銀行カードローン」はかなり厳しい。「大手キャッシング」一択か。
≫当サイト管理人が選ぶカードローン


このラインでは銀行カードローンはおまとめ以外では厳しいです。可能性がわずかにあるのは大手キャッシング会社だけでしょう。

他者からの借入が4件あっても貸し出してくれる積極的な融資を行っている大手キャッシング系のカードローンを選ぶ必要があります。

また、銀行のおまとめローンへ借り換えをして、既存の枠を復活させる方法もオススメです。

■他社からの借入の件数が5件以下で借入額が年収の3分の1を超えていない

全体的にかなり厳しい。大手キャッシング会社にダメ元で。
≫当サイト管理人が選ぶカードローン


借り入れが5件以上ある人が審査を通過するというのはかなり厳しいと考えてください。

借り入れが大手キャッシング会社や銀行系カードローンなら、銀行カードローンのおまとめローンに借り換えることで利息を少なくして、既存のカードローンの枠を復活させることも検討しましょう。

どうしても借り入れしたいということであれば、他社からの借入が5件あるというのはどういうことか自覚して、審査落ち覚悟で積極的な融資を行っているカードローン会社に申し込む必要があります。

このページの先頭へ