カードローンの審査で知っておくと役に立ちます

ここでは、基本から少しはずれて、審査で知っておきたいことを紹介します。

これを知っておけば、審査でちょっとお得、という情報を紹介するので、参考にしてみてください。

審査でよくある質問や、カードローン会社には聞けない質問なども紹介します。

申込ブラックになると、審査に通らなくなる

カードローンやキャッシングには、「申込ブラック」という状態があります。

これは、明確な基準があるわけではないのですが、この業界では、申し込んできた人が審査に落ちたという情報も知ることができます。

カードローン会社は、その情報を調べて、短期間の間に3件以上の審査に落ちた人を「申込ブラック」と呼んで、自動的に審査から落とします。

3社も断られてるのは、ちょっと問題がある人だと評価するわけです。

一度申込ブラックになると、最後に申し込んでから3ヶ月以上は、申し込みを控えなければ、審査を通過することは難しくなってしまいます。

他社から借入があるにも関わらず、審査が厳しいところに一気に3件申し込むだけで、簡単に「申込ブラック」となってしまいます。

他社からの借入がある人が審査に通るためには、自分に合ったカードローンを申し込む必要があります。

詳しくは、「他社借入がある人のカードローンの選び方」を参考にしてください。

借入の目的も意外と重要

申込の記入事項に、借り入れたお金の使い道を入力させるカードローン会社は多いです。

「ギャンブルの資金」などという目的で申し込まれた場合、カードローン会社は申し込んできた人に貸そうと思うでしょうか。

「生活資金」も、生活が苦しいなら返済も苦しいだろうなと評価されることが想像できますね。

こんなことも、意外と審査に影響を与えているんですね。

住宅ローンやマイカーローンがあっても審査には問題ない

カードローン会社は、実は銀行の借入があるかどうかは調べることはほとんどありません。

住宅ローンやマイカーローンがあろうとなかろうと、気にしていないのが実情です。

ただし逆の場合、つまり、カードローンに借入があるまま住宅ローンやマイカーローンを申し込むと、住宅ローンやマイカーローンの承認が受けられないケースがあります。

カードローンを返済したとしても、ただカードを持っているだけで信用情報には載ってしまうので、審査が厳しい住宅ローンやマイカーローンの承認が下りなかった人もいます。

住宅ローンやマイカーローンを申し込む予定のある人は、カードローンを借りたとしても、返済した後、カードローン会社との契約を解消した方が良いでしょう。

実質年率(利息)の決定方法

カードローンの広告を見たことがある人は、「実質年率4.0%~7.99%」という様な広告を見たことがあるかもしれません。

この表現では幅が広すぎて、実際に自分が借りたら利息がいくらになるか分かりませんね。

聞いて驚く人もいるかもしれませんが、カードローンは借りた額や審査の評価の高さで実質年率(利息)を決めています。

つまり、実質年率(利息)は人それぞれ違うことになります。

カードローン会社としては、審査の評価が低い人は利息を多くして、貸したお金を取りはぐれないようにしているんですね。

そんな理由で、審査が終わるまで実質年率(利息)がどうなるかは分かりません。

現状では、「実質年率4.0%~7.99%」などとなっていると、高い方の「7.99%」で設定されるケースの方が多いです。

実質年率(利息)の計算は、低い方はあまり意識せずに、高い方で見積もってください。

実質年率(利息)は、すぐに返すことが出来れば大きな金額にはならないので、そこまで気にする人はいないかもしれませんが、長期で返済することになると大きな額になり負担になるので、気をつけたいところです。

このページの先頭へ