カードローンの審査のポイント

カードローンの審査は、申し込む前は誰でも不安になるものです。

・他社にも借入があるけど大丈夫なのか。

・正社員では無いけど大丈夫なのか。

・勤続年数はどのくらいなら大丈夫なのか。

・ブラックだけど借りれるのか。


カードローンの審査のこういった不安は申し込む人はみんな持っています。

審査が不安という人は、申し込む前に審査のことを知っているだけで、ずいぶんとカードローンを申し込む時の気持ちが軽くなるものです。

ここでは、カードローンではこんなことを調べて、こんな評価をしています。という審査のポイントを解説していきます。

なぜ審査するの?

カードローン会社は、担保を取らずにお金を貸すわけですから、あなたが借りたお金を返す能力があるかどうかという審査をします。

まず、お金を貸せるかどうかを審査し、貸せる人にはいくら貸すことができるか審査します。

この審査の基準は、カードローン会社ごとに違うので、ここで審査のポイントを知って、自分の状況に合わせたカードローン会社に申し込むことが、審査を通過して、カードローンするのには重要なことです。

信用情報の問い合わせ

信用情報というのは、あなたがお金に関してどういう人なのかという情報のことです。

1回でもお金を借りたことがある人は、「○○さんはどこそこでいくらお金を借りました。」という情報が信用情報を扱うところに登録されます。

金融機関は、この信用情報をお互いに知ることができます。

なので、カードローン会社は、申し込んできた人がお金的にどういう人かということを調べるために、まずあなたのデータを入力して、信用情報をチェックしていきます。

1回でもお金を借りたことがある人は、住所・氏名・勤務先・電話番号・借入件数・借入額なども信用情報に登録されているので、ここで一気にチェックされます。

1回も借りたことが無かったり、内容がその情報と違う時は、これから紹介する別のチェック方法で調べていきます。

他社からの借入件数や借入額は、ここで全部分かってしまうので、借入の件数や借入額をごまかすのは余計にカードローン会社を警戒させるだけですので、正直に申告しましょう。

他社借入があれば、その額が大きければ大きいほど審査ではマイナスになります。

他社からの借入がある方は、「積極的に融資をしているカードローン会社」を参考にしてみてください。

■ブラックの人について

「ブラック」とはブラックリストに載っていると思われていますが、少し違います。

カードローンでは、信用情報に支払いが滞ったという情報が入れられている状態を「ブラック」といいます。

過去にカードローン・キャッシング・消費者金融への支払いが3ヶ月以上滞ったことがある人は、「ブラック」になっている可能性が高く、「ブラック」の人は、残念ながらカードローンを利用できる可能性はほとんどありません。

個人情報を調べる

信用情報が登録されていない人や、信用情報と違う事項のある人はカードローン会社がそれぞれ調査します。

■住所

カードローン会社が住所を確認する方法として、

①固定電話があれば、104に問い合わせる。
②ゼンリンという詳しい住宅地図で調べる。
③上の方法で分からなければ、申込者に強く念を押して、確認する。

最終的には、住所を証明する書類を送らなければならないので、正直に記入してください。

■電話

自宅に固定電話があることで審査が多少有利になります。

固定電話まで引いているということは、その場所にしっかりと根を下ろして生活しているんだな、とカードローン会社は認識します。

また、基本的に家まで取り立てに行くことがないカードローン会社にとっては、電話が1番のお客さんへの連絡手段となる大切なものなのです。

かといって、固定電話は多少有利になる程度のもので、かならず必要なものというわけではありません。携帯電話だけでも、ほとんどのカードローン会社は問題ありません。

審査が通るか通らないかを左右するほど重要ではないですが、固定電話があれば多少有利になる、とだけおぼえておいてください。

■住まいの状況

カードローンの審査では、申し込みしてきた人の住まいが、持ち家か借家かということも審査に影響します。

もちろん、持ち家は財産ですので、借家よりも評価が高くなります。

家族名義のものでも、持ち家であれば借家よりも高く評価されます。

公営住宅などは、家賃が低いので夜逃げする人が多く、審査では通常の借家よりさらに評価が低くなります。

その家に住みはじめてからの、居住年数も、多ければ多いほど審査ではプラスとなります。

仕事について

カードローン会社は、返済能力がどのくらいあるかをとても重視しています。

なので、あなたが仕事についてるかどうかで、カードローンを承認するかどうか、どのくらいの金額を貸し出せるかが決まります。

カードローンは、仕事についていればとりあえず問題ありません。正社員、契約社員、派遣社員はもちろんアルバイトやパートでも融資は受けられます。

評価の高さは、

公務員>正社員>契約社員・派遣社員>アルバイト・パート

となります。

勤め先が大企業か中小企業かということは、カードローンの承認にはほとんど影響しません。

また、公務員の人もカードローンを利用される方は多いですが、公務員は会社勤めの人より高く評価されます。

収入が不安定という評価を受ける自営業者は、承認に影響はありませんが、評価は会社勤めの人より低くなります。

実は、申し込みの欄に、みなさんの加入している健康保険の種類を入力するところがありますが、加入している保険証でどういう職業で、どういう雇用がされているかの裏づけを取っているのです。

例えば、

共済=公務員、組保=大企業、社保=通常の会社員、国保=自営、フリーター

といった感じで、健康保険の種類で職業の裏づけをとることができるのです。

カードローン会社は、職業の申告が正確かどうかを確かめるために、まずその会社が存在しているかどうかを調べ、申し込んできた人がその会社に勤めているかどうかを確認します。

勤め先への電話は、個人名でしたり、営業の電話を装ったりするので、勤務先にカードローンを申し込んだことを知られることはありません。

仕事をしていない主婦は、夫の仕事が審査の対象となります。

このような審査で、カードローンの承認・否承認、借入限度額、利息が決められて、審査結果が通知されます。

このページの先頭へ