カードローンの審査に必要になる書類があります

カードローンの審査にはどのような書類が必要か知っていますか?

実は、インターネットのカードローンの審査は、健康保険証の種類を確認するくらいで特に必要な書類はありません。

特に手元に書類が無くても、審査から融資までは完了してしまいます。

いろいろな証明書や証明書のコピーは、カードローン会社から送られてきた契約書を送るときに同封してカードローン会社に送ることになります。

必要書類は通常、

①身分証明書
②健康保険証

です。

このほかに、一定額以上のカードローンを申し込む場合は、収入を証明する書類が必要になります。
※この額はカードローンごとに違います

ではそれぞれどのような書類が必要となるか詳しく見ていきましょう。

身分証明書

カードローン会社は、担保を取らずに申し込みしてくる人がどのくらい信頼できるかというのを審査してお金を貸し出します。

なので、申し込む人がどういう人物かということの証明書である身分証明書のコピーを、必ず提出することになります。

身分証明書としては、まず健康保険証が重要になります。健康保険証は公的な証明書で信用がでます。

あなたがどのような働き方をしているかも、健康保険証である程度把握できるので、カードローンの審査には必須といっても言い過ぎでは無いほどのものです。

健康保険証だけでも、カードローンの審査は通過できることになっています。しかし、カードローン会社では健康保険証だけでは十分とは考えません。

そこで求められるのは、顔付きの公的な証明書です。

顔付きの公的な証明書とは、運転免許証やパスポートのことです。この書類には、住所はもちろんあなたの顔まで載っているので、カードローン会社としてはとても信頼のできる証明書と考えます。

健康保険証と同じで、運転免許証のみ、パスポートのみでもカードローンの融資は通過できることになっています。

しかし、カードローン会社は健康保険証をもっとも重視しているので、運転免許証やパスポートのみでは、健康保険証のみのときよりさらに審査を通過する可能性が低くなります。

健康保険証+運転免許やパスポートという組み合わせが、カードローン会社が一番理想とする身分証明書のセットです。

審査に確実に通りたい方や、できるだけ大きい金額を借りたいという方は、この組み合わせで提出すると、審査での信頼度が上がります。

免許証やパスポートがない方は、健康保険証とは別に、住民票や印鑑証明書、公共料金の領収書といった住所を証明する証明書を提出するように言われることもあります。

健康保険証

健康保険証はカードローンの審査では、とても重要な書類となります。

詳しくは、「カードローンの審査のポイント」でも書いてありますが、健康保険証は、あなたがどういった仕事をしているかということをある程度証明します。

ですから、カードローンを申し込む上で、身分と仕事を健康保険証はほぼ必須の書類と言えるのです。

審査に確実に通りたい、審査で有利に評価されたいと考える人は、必ず健康保険証を証明書として使った方が良いでしょう。

一定額以上の申し込みは、収入証明書が必要

ほとんどのカードローン会社では、一定額以上の申し込みでは、より慎重に審査するために、申し込みする人の収入が分かる書類を提出することが必要なってきます。

この一定額というのはカードローンごとに違うので、書類を出すのは面倒だなと思っていたのに申し込んでみたら書類が必要になってしまったなどということが無い様にチェックしておいても良いでしょう。

収入を証明する書類の種類としては、

・給与明細書
・源泉徴収票
・税額通知書
・納税証明書
・所得証明書
・確定申告書

があります。

このうちの一つの最新のもののコピーをカードローン会社に送ることになります。

まとめ

カードローン会社が提出を求めてくる書類は、ほぼここにあげたもので全てです。

すべての証明書は、コピーで大丈夫です。インターネットで申し込むときに手元にあるか確認し、返送するまでにコピーを取っておくとスムーズになるでしょう。

カードローンといっても、カードローン会社は無担保でお金を貸します。あなたの信用度をはかるため、多少面倒ですがこのような書類を必要とします。

このページの先頭へ