カードローンと職業

カードローンが自分の職業でも借りられるかどうか、申し込みのときに気にする人が多いところです。

結論から言ってしまうと、パートでもアルバイトでも、ほとんどの職業で定期的に働いてさえいれば借りることができます。

では職業がない場合はどうなるかというと、無職ではさすがに借りることは難しいですが、主婦は借りることができます。

また、一部に借りにくい職業というのがあるのも確かです。

ここでは、職業に関してよくある疑問を解決していきます。

評価が高い職業とは

カードローン会社は、貸したお金が返ってくることを重視していますので、堅実な職業についている人の評価が高くなります。

評価が高い順番は、

公務員>正社員>派遣・契約社員>自営業・パート・アルバイト

という感じになります。

自営業者の評価が低いことが意外かもしれませんが、自営業者は金融業界では「収入が不安定」ということで、評価が低くされることが多いです。

勤めている会社の規模は関係あるのか

勤めている会社が、中小企業だからとってカードローンを断られることはありません。

確かに、大企業のほうが審査に有利にはなります。しかし、カードローンは大企業よりも中小企業の人のほうが、お客さんが多いのです。

カードローン会社としても、一番多いお客さんを断っていては成り立ちません。

会社の規模の大小は審査の通過には影響しません。

大企業なら融資可能な額が大きくなる程度の影響でそこまで気にする必要はありません。

アルバイト・パートでも借りられる

アルバイトやパートの人でも毎月の収入があれば、カードローンを利用することができます。

もちろん正社員などの人より融資の限度額が低くなることはありますが、しっかりと毎月の収入があるということを重視しています。

主婦でも借りられる

主婦は、自分が働いていなかったとしてもカードローンで融資を受けることができます。

ふつう、無職ではカードローンは利用することはほとんどできませんが、主婦は夫が働いていれば夫が審査の対象となります。

夫が審査の対象となるからといって、夫に「奥さんがカードローンの申し込みをしました」と伝えることはありませんので、夫に知られることは、まずありません。

夫に分からないように審査は進められます。

夫が働いているならお金を貸しても大丈夫だとカードローン会社は判断して、主婦にも貸し出しをしているということになります。

カードローン審査に不利な職業

有利な職業とは逆に、カードローンの審査で不利になるといわれている職業もあります。

例としては、

・ギャンブル系
・水商売
・日雇い
・新聞の訪問員
・リサイクル品の回収員

などです。

今上げたのは、あくまで一例ですが、入れ替わりの激しい職業という共通点があります。

カードローンは、人の信用で貸すものなので、そういった職業の人の評価があまり高くありません。

しかし、審査に不利になるといっても、カードローンの承認がされないというほどでは無く、限度額の大小に影響があるという程度のものです。

プロミス 30日間無利息と最短即日融資で人気
アルバイト・パート・派遣社員・契約社員のほか、主婦(※3)や学生でも借り入れ可能。

プロミスは30日間無利息(※)と最短即日融資で人気のあるカードローン。申し込みをして最短1時間でお金を借りることができます。
金利は4.5~17.8%。24時間ネットで申込可。来店不要。即日振込み対応(※2)。郵送無し・カード無しのWeb完結も可能。
※30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※2平日14時までに契約完了が必要
※3フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


≫プロミスの3秒診断してみる?
≫女性が対応!プロミスレディース
受付時間 即日融資 実質年率 スマホ コンビニATM
24時間 〇(条件有) 4.5~17.8%

このページの先頭へ