銀行系カードローンについての基礎知識

「銀行系カードローン」というと、アコム、プロミス、レイクなど。少し前まで独立していましたが、現在は銀行の子会社やグループ会社となっています。

この3社はテレビのCM、電車の中吊り、ネットの広告などで毎日のように目にする有名な銀行系カードローンです。

でも、「銀行系」という言葉の本当の意味を知っていますか?

実は、「銀行系」というのは、「銀行」そのものがカードローンをサービスしているという意味だけではありません。

ここでは、銀行系カードローンとはどんなものなのか、かんたんに説明していきましょう。

銀行系カードローンのはじまり

ここ数年、不景気と消費者金融のイメージアップで、手軽に小額の現金が借りれるカードローンは爆発的に利用者が増えました。

そこで、銀行はこのサービスに目をつけます。

銀行は、自分のところでカードローンのサービスを始めたり、消費者金融を新しく作ったり、合併して子会社化したりしてこの業界に参入してきました。

銀行系カードローンの種類

つまり、「銀行系カードローン」といっても、

・「銀行そのものがサービスしているもの」
・「銀行の子会社や同じグループの消費者金融がサービスしているもの」

この2グループに分けることができます。

銀行そのものがサービスしているカードローンは、契約の相手方が「銀行」。

銀行の子会社や同じグループの消費者金融がサービスしているものは、契約の相手方が「消費者金融」になります。

■銀行そのものが行っているカードローン
・「みずほ銀行カードローン」
・「住信SBIネット銀行Mr.カードローン」

■銀行と同じグループや子会社がやっているカードローン
・「アコム」
・「プロミス」
※プロミスやアコムは消費者金融のイメージが強いですが、銀行グループの傘下に入っているので「銀行系カードローン」になります。

銀行系カードローンの特徴

①低金利
信販系や消費者金融系のカードローンに比べて、実質年率(金利)が低く抑えられてます。

②安心
やはり、銀行がバックについているということで、安心感があるのも人気の秘密です。

③他と比べて審査が厳しめ
信販系や消費者金融系のカードローンと比べると、審査基準がが多少厳しくなります
。 (※「他社借入件数によるカードローンの選び方」も参照してみてください)

銀行系カードローンの特徴

銀行系カードローンが人気の秘密は、やはり、低金利と安心感にあります。

消費者金融系と比べると、10%ほど実質年率(金利)が低くなることもあります。

他社からの借入の無いか、借入があるとしても1件程度で、金利を低く抑えたいという人は、銀行系のカードローンを選択するべきです。

審査が厳しいので、他社からの借入が1件以上の人は、確実に落ちるとは言えませんが、審査で落ちることを覚悟して申し込む方が良さそうです。

こんな人に向いています

銀行系カードローンが人気の秘密は、やはり、低金利と安心感にあります。

消費者金融系と比べると、10%ほど実質年率(金利)が低くなることもあります。

他社からの借入の無いか、借入があるとしても1件程度で、金利を低く抑えたいという人は、銀行系のカードローンを選択するべきです。

審査が厳しいので、他社からの借入が1件以上の人は、確実に落ちるとは言えませんが、審査で落ちることを覚悟して申し込む方が良さそうです。

このページの先頭へ