銀行系カードローンの審査前に

銀行系のカードローンは、低金利や安心感がある代わりに、審査基準が厳しく、この審査基準を理解していなければ簡単に審査に落ちてしまいます。

申込ブラックになる前に、しっかりとカードローンの審査基準を理解して申し込みましょう。 ≫申込ブラックの説明はこちら

他社借入は、1件までがベスト

借入が無い人や他社借入が1件までの人なら、銀行系の審査に通過する確率は高いです。

ブラックの人以外で、銀行系のカードローンの審査で落ちる人のほとんどは、他社からのカードローンやキャッシングの借入がある人です。

カードローンは、申し込んできた人がどのくらい他でお金を借りているか調べることが出来ます。

他のカードローンやキャッシング会社や消費者金融でも、関係なく調べられます。

銀行系のカードローン会社は、他社からの借入には敏感なので、申し込んだものとは別に2件以上の借入がある人は厳しいです。

借入できる人の職業

銀行系カードローンとはいえ、信販系や消費者金融系と同じ基準です。

正社員・契約社員・派遣社員・自営業者・アルバイト・パートなど、決まった収入のある職についていれば、特に審査に問題はありません。

確かに、大企業や公務員は評価が高く、借入の条件が有利に設定される傾向がありますが、カードローンのメインのお客さんは中小企業の人です。

勤務先の規模は、カードローン会社は問題としません。安定した収入があるということを重視しています。

逆に収入が大きくても、自営業者は収入が不安定という評価を受けて、借入の条件が低く設定されます。

無職の人は、残念ながら借りれるチャンスはほとんど無いでしょう。

住居

信販系や消費者金融系と同じです。

持ち家の方が借家よりも高い評価を受け、名義が親でも借家よりは持ち家が高い評価を受けます。

また居住年数が多ければ、審査にもプラスとなります。

提出するべき書類

こちらも、他のカードローンと同じです。

健康保険証のコピーのほかに、免許証やパスポートいった公的で写真入りの証明書のコピーが提出できれば、審査で有利になる傾向があります。

申し込みの額が50万円以上になると、給与明細書や納税証明書などの収入を証明する書類のコピーが必要になります。

審査にあたって

銀行系のカードローンは、審査が厳しいとはいえ、正社員で働いていて他から借入がない人などはそこまで恐れる必要はありません。

銀行のカードローンの審査に落ちたら、信販系の多少審査が厳しくなさそうなところや、積極的な貸し出しを行っている消費者金融系のカードローンに申し込むことを検討してください。

このページの先頭へ