信販系カードローンの比較と選び方

ここでは、信販系のカードローンの比較方法の説明と利息や他社借入の許容件数などのデータを公開していきます。

信販系カードローンは、借入の数がよほど多くなければ、他社からの借入の数をそこまで気にする必要はありません。

他社からの借入が無くて、毎月の収入さえあれば、信販系カードローンは高い確率で審査を通過します。

他社からの借入が3件以上ある人は、大手有名信販系のセゾン(SAISON)やオリックス銀行カードローン(ORIX)などは厳しくなりますが、他の信販系なら審査が通る可能性があります。

このページで選び方やデータを見て、自分に合ったカードローンを選びましょう。

他社からの借入をしたことが無い人の選び方

カードローンやキャッシングで借入が無い人は、自分の好きな信販系カードローンを選んで申し込んでも審査に通過する可能性がかなり高いでしょう。

低金利で安心感のある有名信販系カードローン(セゾン、オリックス銀行カードローンなど)を選ぶと良いと思います。
借り入れがなく、特に信販系にこだわりがないのであれば、より金利の低い銀行カードローンがオススメです。

他社から借入のある人の選び方

他社から借入のある人は、「他社借入件数」のところに注目して選んでください。

「他社借入件数」は、申し込んだ以外のカードローンやキャッシングが何件までなら審査通過の範囲内になるということを意味しています。

具体的な例をあげると、

「2~4件」となっていたら、他社からの借入の目安は2件までで、4件でも借りられる人がいたということです。

さらに簡単に言うと、

「堅実な人は2件以上なら申し込みは避けましょう。」

「2件以上借入がある人で、ダメもとでも申し込みたいという人なら、4件でも借りれた人がいるので試してみても良いでしょう。」

「4件以上の人は、あまり望みが無いので避けた方が無難です。」

という意味になります。

ほとんどの信販系カードローンでは、他社借入2件から3件までを審査通過の基準にしています。

だいたい銀行系プラス1件までが許容範囲ということです。

ただ、銀行系と比べると、会社ごとに上限がかなり違います。

積極的な融資をしているところはは6件~8件でも貸し出した実績があるので、多少借入件数が多い人でも融資に積極的なところには申し込む価値があります。

このページの先頭へ